会社案内

日照堂と縁を持つ人が皆幸せになれるよう努力します。

四季が咲き、豊かな恵みをもたらしてくれる埼玉。

この埼玉の中央地帯に、日照堂はあります。 私たちのふるさと埼玉県川口市では、古くから鋳物で栄え川口は工業都市として発展してきました。 その一方、東京の都市域の拡大に伴い、宅地化も急速に進展しました。

私たちは自己成長を実現し、私たちのもの造りを通して自分たちの使命を考え、いかに社会に貢献していくかを追及します。 私たちは社会にとって意義のある仕事をします。 私たちは社会にとって意義のある会社として歩き続けます。 平和を愛し、人を愛し、地域社会に貢献します。 埼玉の地から、いつくし日本を。日照堂は、地域と文化、人と知恵、歴史と未来をつなぎ、かけがえのない日本の文化を創造していきます。

 

ご挨拶

日照堂の日照という言葉には「お日様のように、自分が自分の心や世の中、世の中の人々を照らしたい」という能動的な意味合いと、「お日様に自分は照らされていたい」という受動的な意味合いが込められています。こちらから照らすということと、あちらから照らされるということ、つまり照らす心と照らされる心との二つの意味合いが込められております。

昨今日本では東北の大震災があり、絆という言葉が国中を駆けめぐりました。またいじめの問題が社会問題となり教育のあり方が再度問われております。今、私達にとって何が大切なのかを自問自答する時、この照らす心と照らされる心とが、分かちがたく結ばれ深く交わることが、さまざまな意味で尊いことだと思われるのです。
私達はこれからもお客様の喜びを第一に考え、学ぶ心を忘れずに、紙という媒体を通して、皆様と共に歩み続ける所存でございます。
今後ともご指導ご鞭撻賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 追分健爾

会社概要

社名 株式会社 日照堂
本社・工場 〒332-0031 埼玉県川口市青木3-11-25
TEL:048-259-5000 FAX:048-259-5040
製袋事業部 〒332-0031 埼玉県川口市青木3-8-23
東京営業所 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-10 U-Biz神田神保町3F
設立年月日 昭和60年10月
代表取締役 追分健爾
資本金 3,000万円
従業員数 30名(2018年1月現在)
事業内容 オフセット平版印刷・オンデマンド印刷・封筒・名刺・紙製品の製造販売企画・
デザイン・WEB制作・データ作成・米国LOVEPOP社3Dカード販売店
設備 印刷部
・菊全判2色機 ・菊半判2色機 ・A全判4色機 ・CCM
・オンデマンド印刷機 ・箔押し機 ・CTP機
断裁部
・137断裁機 ・シリンダー抜機 ・エキセン機
・ロータリー抜機 ・ビク抜機
製袋部
・製袋機・製袋関連機-20基

沿革

1976年 有限会社日照堂創設
製袋加工工場稼働
1976年 活版印刷開始
1978年 軽オフセット印刷機導入
1985年 株式会社日照堂に組織変更
1997年 川口工場開設
2000年 川口工場増設
本社を川口に移転
2003年 東京竹橋営業所開設
2016年 3Dカード事業開設 米国LOVEPOP社 日本総合代理店となる
商工会議所より「ユニーク経営賞」受賞
2017年 3Dカード「LOVEPOP」東急ハンズ新宿タイムズスクエアー店販売開始
川口市より「技あり賞」受賞
2018年 千代田区神保町営業所開設
竹橋営業所移転
WEB制作・データ制作・企画・デザインディビジョン開設
封筒開封用ジッパー・ミシン加工機導入、検査型高品質管理システム導入(パテント申請中)
3Dカード「LOVEPOP」東急ハンズ10店舗に販売拡販
経営革新計画 承認受諾